生物多様性保全上重要な里地里山(略称:重要里地里山)

環境省「生物多様性保全上重要な里地里山」として、宇賀渓、竜ヶ岳を中心としたエリア(名称:竜の森林)が選定されました。

日本の原風景のひとつといわれる里地里山。

里地里山は、長い時間をかけて人々が自然と寄り添いながらつくりあげてきた自然環境です。我が国では、そうした環境がより身近な存在であったことから、特有の文化や豊かな感性も育まれてきました。

田んぼや小川、原っぱ、うら山など、人々がくらし集い、草花や鳥、昆虫などさまざまな生き物たちが、あたりまえのようにいる空間。

日本には、まだまだそんな里地里山が残されています。

環境省では、さまざまな命を育む豊かな里地里山を、次世代に残していくべき自然環境の一つであると位置づけ、「生物多様性保全上重要な里地里山」500ヶ所を選定しました。

環境省ホームページより抜粋

3つの基準に該当し選定される

竜の森林は、以下3つの選定基準をすべて満たし選定されました。

基準1:多様で優れた二次的自然環境を有する
基準2:里地里山に特有で多様な野生動植物が生息・生育する
基準3:生態系、ネットワークの形成に寄与する

当観光協会は、皆様のご理解とご協力をいただき、”豊かな竜の森林”を守って参ります。
宜しくお願い致します。

「生物多様性保全上重要な里地里山」の詳細は、環境省のホームページをご覧ください。